御所浦観光案内ブログ
goshokan.exblog.jp

熊本県唯一の離島の町「御所浦」のおすすめ観光地、イベント、企画の情報などをお知らせするブログです。
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
リンク
【御所浦町島人ブログ】
御所浦町島人ブログでは、御所浦に暮らす人々が目にしたもの、感じたことを島人からのブログでお伝えします。

【御所浦.net】
御所浦.netでは、御所浦島、牧島、横浦島を中心とした御所浦町の情報をお届けします。
カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2010年 06月 ( 3 )   > この月の画像一覧
「離島の町のお見合いparty☆」参加者募集
2010年!お見合いパーティー!!
※受付終了いたしました。

2007年のお見合いパーティーから3年ぶりのお見合い企画

不知火海に浮かぶ離島の町へ遊びに来てください。
無人島でのレジャーや、豪華海鮮バーベキューや島内観光案内、
皆様を島人がご招待致します。
離島で会いましょ~☆


「離島の町のお見合いParty☆」

開催日   2010年7月31日(土)~8月1日(日) 
      一泊二日(2食付)

募集    18歳~45歳までの独身女性

募集期間  7月24日(土)までに下記連絡先にお申し込みください       

参加費    2,500円(宿泊費込み)

※受付終了いたしました。


<イベント内容>
 (一日目)
     午後2時御所浦港集合
     無人島(黒島)にて遊泳、散策など
     御所浦の海鮮BBQで夕食(大浦交流センター)
 (二日目) 
     御所浦島最高峰360度ビュー烏峠展望所(昼食)他、島内の遊覧 
     解散、午後2時半予定 

お問い合わせ先・お申し込み先
    (ご不明な点などありましたらお気軽にお問い合わせください)
※受付終了いたしました。
 
    御所浦.net事務局 
     メールアドレス  goshoura.net@gmail.com
     電話番号:080-3088-3313(事務局野原携帯
     FAX:0969-67-1080

  主催 御所浦.net

f0132676_9434065.jpg

f0132676_9491144.jpg

[PR]
by goshourakankou | 2010-06-27 13:52 | イベント
御所浦の無人島「黒島」
f0132676_17354171.jpg

「黒島」は、御所浦港から海上タクシーで15分の洋上に浮かぶ無人島。
四季を通じて多くの生き物を観察できる自然豊かな島で、磯あそびや散策が楽しめます。
黒島の周りは岩礁に囲まれており、干潮時にはとなりのひょうたん島と陸続きになります。
f0132676_1342454.jpg

黒島は、海水浴場とキャンプ場のある御所浦のレジャースポットです。
砂浜の美しい入り江の海水浴場と、島のひらけた場所につくられたキャンプ場は、7月下旬から8月末にかけて一般に開放されます。
無人島ですが、海水浴場には井戸があり、利用することができます(飲用不可)。また、キャンプ場には、高床の東屋やトイレが設置されています。
海水浴場、キャンプ場の利用は原則自由ですが、夏季は込み合うことも多く、あらかじめ天草市御所浦支所に利用状況を確認いただくことをおススメします。

問い合わせ先: 天草市御所浦支所 Tel 0969-67-2111

f0132676_1343255.jpg
f0132676_13434516.jpg
f0132676_1344311.jpg

[PR]
by goshourakankou | 2010-06-27 13:45 | 無人島
御所浦の化石No.02 「ゴショライア クレニュラータ」
御所浦で産出される化石を紹介します。
No.02は「ゴショライア クレニュラータ」
御所浦にちなんだ学名がついている貝化石です。
f0132676_13463820.jpg

「ゴショライア クレニュラータ」は、学名では
Goshoraia crenulata(MSTSUMOTO)
(ゴショライア属 クレニュラータ種 命名者松本)

「ゴショライア 」と、御所浦にちなんだ名がついているのは過去に熊本県特産の化石とされ,御所浦に多く見られたからなのですが、現在では日本中の白亜紀中期の地層から産出することが知られ、ゴショライア属は3種が確認されています。
ゴショライア属は現生のハマグリなどが含まれるマルスダレガイ科の仲間。マルスダレガイ科は現在の二枚貝最大の科で、500から800の種が属していると言われています。前回の「プテロトリゴニア オガワイ」で紹介した、トリゴニア(サンカクガイ科)の仲間が現在7種となってしまったこととは対照的です。

種名の「クレニュラータ」は、訳すと「小円鋸歯状」。ようは「ギザギザ」といったような意味で、ゴショライアクレニュラータを日本語にしたなら「御所浦のギザギザ」とでも言ったところでしょうか。この御所浦ギザギザくんのいったいどこがギザギザなのかというと、それは貝殻のフチの部分。貝殻のフチは腹縁と呼ばれるのですが、腹縁のギザギザ間隔が狭いのが御所浦ギザギザくんの特徴です(写真a)。
また、蝶番部(殻頂)の手前がきゅっとくびれているのも特徴的(写真b)。
御所浦ではゴショライア クレニュラータは大きい個体で5 cmくらいのものもあるそうですが、3~4cmのものが多いようです(写真c)。一方、稚貝なのか、小さな個体も見うけられます(写真d:奥に見えるのは写真aの化石)。
f0132676_10344490.jpg
f0132676_10345369.jpg
f0132676_1035223.jpg
f0132676_10351286.jpg
ゴショライア クレニュラータはプテロトリゴニア オガワイと同じく、「トリゴニア砂岩化石採集場」からはたくさん出ます。トリゴニア化石採集場で、アサリやハマグリっぽい二枚貝化石を見つけたら大体ゴショライアのことが多いのですが、実は違った!なんてこともあるので、やはり最後は白亜紀資料館の学芸員さんを頼りましょう(笑)。

文責:御所浦.net



写真解説
【写真a,b,c】
この写真のゴショライア化石は、貝殻の内側の型が残ったもので、貝殻本体の化石ではありません。こういった、古生物の本体ではなく、岩石に押し付けられた型が化石となったものを「印象化石」と言います。
【写真d】
一方、小さい方のゴショライア化石には貝殻の表面の模様が確認できることからも分かるように、貝殻本体が化石となって残っています。このような本体の残った化石を「遺体化石」もしくは「体化石」といいます。


今回名前の登場した貝類
「ゴショライア クレニュラータ」
学名:Veneridae Pitarinae Goshoraia crenulata(MSTSUMOTO)
和名:マルスダレガイ科 ユウカゲハマグリ亜科 ゴショライア属 クレニュラータ種 命名者松本

「ハマグリ」
学名: Veneridae Meretricinae Meretrix lusoria (Roding, 1798)
和名:マルスダレガイ科 ハマグリ亜科 ハマグリ属 ハマグリ種 命名者Roding 1798年

「プテロトリゴニア オガワイ」
学名:Trigoniaceae Pterotrigoniinae Pterotorigonia(Ptilotrigonia)ogawai(YEHARA)
和名:サンカクガイ科 プテロトリゴニア亜科 プテロトリゴニア属 プチロトリゴニア亜属 オガワイ種 命名者江原
[PR]
by goshourakankou | 2010-06-26 10:26 | 御所浦の化石などを紹介